美容エステでスキンケア!しみや黒ずみ毛穴を解消!乾燥肌対策の掟

他人に丸投げ美容エステでスキンケア!しみや黒ずみ毛穴もプロなら楽勝で解消?!自宅ではスキンケアの基本乾燥肌対策を始めよう。毛穴のも黒ずみや、しみ、しわもも今ならまだ間に合う!

LastUpdate:2017/09/20

出産を終えても当分の間、女性の身体は長

出産を終えても当分の間、女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、様々なトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルも珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。

妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。朝晩の洗顔した後、その10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。この短くても貴重な時間のうちに肌に何もしてあげないのは大変もったいなく思いますし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行いましょう。毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。そんなある日、なんとなく鏡を見て、さらにじっくり見て大変驚いてしまいました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を思い知らされた気がしたのです。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、自分の肌を保護しよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

年齢に合わせてシミが増えてしまうと、悲しい気持ちになってしまいます。

道行く若い人の肌に目がいってしまうと、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、妬みたくなってしまうのです。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングを忘れずにやります。肌は肝臓の窓だと言えます。

肝臓は休むことなく、食事や呼吸によって体内に取り込まれた色々な物質を代謝・分解し、懸命に解毒をしているのです。

肝臓の働きが阻害されると、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、肌に悪影響を及ぼすのです。肝臓を健康に保つことが、お肌を内面からキレイにするための隠れた必須条件です。肌荒れが気になる時には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。

というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。それが、表皮の健康を保つ防護壁のような働きもあるため、足りなくなると肌荒れしてしまうのです。スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

スキンケアは全く行わず肌由来の保湿力を守っていくいう姿勢です。けれども、メイクをする人はクレンジング無しという訳にもいきません。クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌の乾燥が進んでしまいます。

肌断食を否定はしませんが、肌とよく相談をして、スキンケアすることをお勧めします。日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのが体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのビタミンCを含んでいて、体の内部からメラニンの生成を抑制する効果を実感でき、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミ、そばかすを抑え、肌に輝きを取り戻してくれるのです。

強力な抗酸化作用も持っていて、肌年齢の若返りに期待できます。

いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、日焼けしてしまったら、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにもつながります。

スキンケアを美肌に効果的な成分を複数配合する化粧品に頼っている方も多くいらっしゃいます。

オールインワン化粧品のメリットは、ぱぱっとお手入れ完了なので、使用者が増加しているのも確かに、不思議ではありません。

色んな種類の化粧品でお肌のお手入れをするよりもぐっとお安く済ませられます。

しかし、当然効果には個人差がありますので、配合成分をよく読み、ご自身のお肌とご相談ください。近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。

毛穴にたまった角栓がお肌をくすんで見せる原因となります。肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまいます。

洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料でたっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。ピーリング石鹸も週一回ほど取り入れるとくすみを除去するにはとても効果があります。

一番有名なコラーゲンの効能といえば、肌の効果です。

コラーゲンをとることで、自分の体内にあるコラーゲンの代謝促進が進み、肌の潤いやハリに効果があります。

体の中のコラーゲンが不足すると肌が老化してしまう原因となるので、若々しくいるためにも積極的な摂取が必要です。

スキンケア中にふと鏡を見てちょっとした発見がありました。

個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころには以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミはその人の肌の性質によって違います。簡単に言うと、シミができやすい肌があるのです。詳しくお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。

どう見分ければいいかというと、日焼けによって黒く残らずに赤くなる人がそのタイプだといえます。

白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。

乳酸菌はガスの発生を抑え、お肌を内側から健康に整えます。

ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役割を果たしています。また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする働きがあるのです。このような作用を生かすことでシミやくすみを改善し、美白する効果を狙えます。ヨーグルトはシミやくすみ減少に有効な食物です。しわ取りテープというユニークな商品があります。この貼るだけでしわを薄くしてくれるらしいしわ取りテープは、少し前にテレビでコスメなどに詳しいという芸能人に紹介されていました。

その人も愛用されているようです。

顏のしわを伸ばしてテープを貼り付け、しわの矯正をするという趣旨の商品のようで、貼っている時は顔が引っ張られ、顔が引き締まった気がするそうですが、長時間使用し続けるのは、肌への負担も小さいものではないようで、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。

しわ取りテープを使ってみたら、大変なことが起こってしまった!なんてことのないよう、決められた使用方法はちゃんと守りましょう。スキンケアといえばオイル!という女性も増えてきているのではないでしょうか。

毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力アップを期待できます。

また、オイルの種類により様々な効果が表れますので、その時のお肌の状況により最適なオイルを適度に使ってみるといいでしょう。

質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、新鮮さも非常に大切です。緑茶は、お茶の中でもトップクラスのカテキン含有量が多いことで知られています。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

活き活きした白い肌を保つためにビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶からビタミンCとカテキンを摂っていくことで、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを抑制する効果があります。お肌を美しく保つために最も重要なのは正しい手順で洗顔を行うことです。

お肌に良くない洗顔方法とはお肌にトラブルを招きみずみずしさを失わせてしまう、原因を引き起こします。ゴシゴシ洗わずに包むように洗う綺麗にすすぐ、大切なことを意識して洗うお肌の汚れを落としましょう。

「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。

この皮溝と呼ばれる線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことを指します。キメが細かくよく整った肌は皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、身体の表面を覆う表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、より深い位置にある真皮にもダメージが届くようになります。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを作ることになります。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでシミのない美肌をつくリ出すために大事な役割を果たしてくれます。

けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、むしろシミが広がることもあるそうです。美肌効果をねらうのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして丁寧に泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。力任せに洗うと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。

また、洗顔した後は必ず保湿をするようにしましょう。

化粧水のみにせず、乳液、美容液、クリームなどもケースに応じて使用するようにしてください。お肌のシミ対策にパックは有効と言えます。保湿、美白成分を贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、メラニンの生成を制御してくれて、透き通るような肌を作り出してくれるのです。

うっかり日に焼けてしまった時には特に効き目があり、日が変わらないうちに、ちゃんとケアをすることにより、できてしまう前にシミを食い止められます。

2013 美容エステでスキンケア!しみや黒ずみ毛穴を解消!乾燥肌対策の掟 All rights reserved.

メニュー